万葉集1921番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1921番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1921番について

歌番号

1921番

原文

不明|公乎相見而|菅根乃|長春日乎|孤<悲>渡鴨

訓読

おほほしく君を相見て菅の根の長き春日を恋ひわたるかも

かな読み

おほほしく|きみをあひみて|すがのねの|ながきはるひを|こひわたるかも

カタカナ読み

オホホシク|キミヲアヒミテ|スガノネノ|ナガキハルヒヲ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

OHOHOSHIKU|KIMIOAHIMITE|SUGANONENO|NAGAKIHARUHIO|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

ohohoshiku|kimioahimite|suganoneno|nagakiharuhio|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

戀->悲【元】【類】【紀】

寛永版本

おほほしく,[寛]ほのかにも,
きみをあひみて[寛],
すがのねの,[寛]すがのねの,
ながきはるひを,[寛]なかきはるひを,
こひわたるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました