万葉集1910番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1910番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1910番について

歌番号

1910番

原文

春霞|立尓之日従|至今日|吾戀不止|本之繁家波|[一云|片念尓指天]

訓読

春霞立ちにし日より今日までに我が恋やまず本の繁けば|[一云|片思にして]

かな読み

はるかすみ|たちにしひより|けふまでに|あがこひやまず|もとのしげけば|[かたもひにして]

カタカナ読み

ハルカスミ|タチニシヒヨリ|ケフマデニ|アガコヒヤマズ|モトノシゲケバ|[カタモヒニシテ]

ローマ字読み|大文字

HARUKASUMI|TACHINISHIHIYORI|KEFUMADENI|AGAKOHIYAMAZU|MOTONOSHIGEKEBA|[KATAMOHINISHITE]

ローマ字読み|小文字

harukasumi|tachinishihiyori|kefumadeni|agakohiyamazu|motonoshigekeba|[katamohinishite]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるかすみ[寛],
たちにしひより[寛],
けふまでに,[寛]けふまてに,
あがこひやまず,[寛]わかこひやます,
もとのしげけば,[寛]もとのしけけは,
[かたもひにして],[寛]かたおもひにして,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました