万葉集1932番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1932番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1932番について

歌番号

1932番

原文

春雨之|不止零々|吾戀|人之目尚矣|不令相見

訓読

春雨のやまず降る降る我が恋ふる人の目すらを相見せなくに

かな読み

はるさめの|やまずふるふる|あがこふる|ひとのめすらを|あひみせなくに

カタカナ読み

ハルサメノ|ヤマズフルフル|アガコフル|ヒトノメスラヲ|アヒミセナクニ

ローマ字読み|大文字

HARUSAMENO|YAMAZUFURUFURU|AGAKOFURU|HITONOMESURAO|AHIMISENAKUNI

ローマ字読み|小文字

harusameno|yamazufurufuru|agakofuru|hitonomesurao|ahimisenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情|問答

校異

特に無し

寛永版本

はるさめの[寛],
やまずふるふる,[寛]やますふるふる,
あがこふる,[寛]わかこふる,
ひとのめすらを[寛],
あひみせなくに,[寛]あひみせさらむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました