万葉集1899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1899番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1899番について

歌番号

1899番

原文

春去者|宇乃花具多思|吾越之|妹我垣間者|荒来鴨

訓読

春されば卯の花ぐたし我が越えし妹が垣間は荒れにけるかも

かな読み

はるされば|うのはなぐたし|わがこえし|いもがかきまは|あれにけるかも

カタカナ読み

ハルサレバ|ウノハナグタシ|ワガコエシ|イモガカキマハ|アレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|UNOHANAGUTASHI|WAGAKOESHI|IMOGAKAKIMAHA|ARENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

harusareba|unohanagutashi|wagakoeshi|imogakakimaha|arenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
うのはなぐたし,[寛]うのはなくたし,
わがこえし,[寛]わかこえし,
いもがかきまは,[寛]いもかかきまは,
あれにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました