万葉集1897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1897番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1897番について

歌番号

1897番

原文

春之在者|伯勞鳥之草具吉|雖不所見|吾者見<将遣>|君之當<乎>婆

訓読

春さればもずの草ぐき見えずとも我れは見やらむ君があたりをば

かな読み

はるされば|もずのくさぐき|みえずとも|われはみやらむ|きみがあたりをば

カタカナ読み

ハルサレバ|モズノクサグキ|ミエズトモ|ワレハミヤラム|キミガアタリヲバ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|MOZUNOKUSAGUKI|MIEZUTOMO|WAREHAMIYARAMU|KIMIGAATARIOBA

ローマ字読み|小文字

harusareba|mozunokusaguki|miezutomo|warehamiyaramu|kimigaatarioba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

遣将->将遣【元】【矢】【京】|->乎【元】【類】【紀】

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
もずのくさぐき,[寛]もすのくさくき,
みえずとも,[寛]みえすとも,
われはみやらむ[寛],
きみがあたりをば,[寛]きみかあたりは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました