万葉集1907番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1907番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1907番について

歌番号

1907番

原文

如是有者|何如殖兼|山振乃|止時喪哭|戀良苦念者

訓読

かくしあらば何か植ゑけむ山吹のやむ時もなく恋ふらく思へば

かな読み

かくしあらば|なにかうゑけむ|やまぶきの|やむときもなく|こふらくおもへば

カタカナ読み

カクシアラバ|ナニカウヱケム|ヤマブキノ|ヤムトキモナク|コフラクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

KAKUSHIARABA|NANIKAUEKEMU|YAMABUKINO|YAMUTOKIMONAKU|KOFURAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

kakushiaraba|nanikauekemu|yamabukino|yamutokimonaku|kofurakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かくしあらば,[寛]かくしあらは,
なにかうゑけむ[寛],
やまぶきの,[寛]やまふきの,
やむときもなく[寛],
こふらくおもへば,[寛]こふらくおもへは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました