万葉集1909番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1909番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1909番について

歌番号

1909番

原文

春霞|山棚引|欝|妹乎相見|後戀毳

訓読

春霞山にたなびきおほほしく妹を相見て後恋ひむかも

かな読み

はるかすみ|やまにたなびき|おほほしく|いもをあひみて|のちこひむかも

カタカナ読み

ハルカスミ|ヤマニタナビキ|オホホシク|イモヲアヒミテ|ノチコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

HARUKASUMI|YAMANITANABIKI|OHOHOSHIKU|IMOAHIMITE|NOCHIKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

harukasumi|yamanitanabiki|ohohoshiku|imoahimite|nochikohimukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情|季節

校異

特に無し

寛永版本

はるかすみ[寛],
やまにたなびき,[寛]やまにたなひく,
おほほしく,[寛]おほつかな,
いもをあひみて[寛],
のちこひむかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました