万葉集1902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1902番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1902番について

歌番号

1902番

原文

春野尓|霞棚引|咲花乃|如是成二手尓|不逢君可母

訓読

春の野に霞たなびき咲く花のかくなるまでに逢はぬ君かも

かな読み

はるののに|かすみたなびき|さくはなの|かくなるまでに|あはぬきみかも

カタカナ読み

ハルノノニ|カスミタナビキ|サクハナノ|カクナルマデニ|アハヌキミカモ

ローマ字読み|大文字

HARUNONONI|KASUMITANABIKI|SAKUHANANO|KAKUNARUMADENI|AHANUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

harunononi|kasumitanabiki|sakuhanano|kakunarumadeni|ahanukimikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情|恨牫

校異

特に無し

寛永版本

はるののに[寛],
かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,
さくはなの[寛],
かくなるまでに,[寛]かくなるまてに,
あはぬきみかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました