万葉集1451番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1451番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1451番について

歌番号

1451番

原文

水鳥之|鴨乃羽色乃|春山乃|於保束無毛|所念可聞

訓読

水鳥の鴨の羽色の春山のおほつかなくも思ほゆるかも

かな読み

みづどりの|かものはいろの|はるやまの|おほつかなくも|おもほゆるかも

カタカナ読み

ミヅドリノ|カモノハイロノ|ハルヤマノ|オホツカナクモ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

MIZUDORINO|KAMONOHAIRONO|HARUYAMANO|OHOTSUKANAKUMO|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mizudorino|kamonohairono|haruyamano|ohotsukanakumo|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|大伴家持|贈答|恋情|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みづどりの,[寛]みつとりの,
かものはいろの[寛],
はるやまの[寛],
おほつかなくも[寛],
おもほゆるかも,[寛]おほほゆるかも,

巻数

第8巻

作者

笠郎女

タイトルとURLをコピーしました