万葉集1893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1893番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集1893番について

歌番号

1893番

原文

出見|向岡|本繁|開在花|不成不止

訓読

出でて見る向ひの岡に本茂く咲きたる花のならずはやまじ

かな読み

いでてみる|むかひのをかに|もとしげく|さきたるはなの|ならずはやまじ

カタカナ読み

イデテミル|ムカヒノヲカニ|モトシゲク|サキタルハナノ|ナラズハヤマジ

ローマ字読み|大文字

IDETEMIRU|MUKAHINOKANI|MOTOSHIGEKU|SAKITARUHANANO|NARAZUHAYAMAJI

ローマ字読み|小文字

idetemiru|mukahinokani|motoshigeku|sakitaruhanano|narazuhayamaji

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|植物|比喩|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いでてみる,[寛]いててみる,
むかひのをかに,[寛]むかひのをかの,
もとしげく,[寛]もとしけく,
さきたるはなの[寛],
ならずはやまじ,[寛]ならすはやまし,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました