万葉集1892番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1892番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1892番について

歌番号

1892番

原文

春山|霧惑在|鴬|我益|物念哉

訓読

春山の霧に惑へる鴬も我れにまさりて物思はめやも

かな読み

はるやまの|きりにまとへる|うぐひすも|われにまさりて|ものもはめやも

カタカナ読み

ハルヤマノ|キリニマトヘル|ウグヒスモ|ワレニマサリテ|モノモハメヤモ

ローマ字読み|大文字

HARUYAMANO|KIRINIMATOHERU|UGUHISUMO|WARENIMASARITE|MONOMOHAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

haruyamano|kirinimatoheru|uguhisumo|warenimasarite|monomohameyamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるやまの[寛],
きりにまとへる[寛],
うぐひすも,[寛]うくひすも,
われにまさりて[寛],
ものもはめやも,[寛]ものおもはめや,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました