万葉集1894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1894番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1894番について

歌番号

1894番

原文

霞發|春永日|戀暮|夜深去|妹相鴨

訓読

霞立つ春の長日を恋ひ暮らし夜も更けゆくに妹も逢はぬかも

かな読み

かすみたつ|はるのながひを|こひくらし|よもふけゆくに|いももあはぬかも

カタカナ読み

カスミタツ|ハルノナガヒヲ|コヒクラシ|ヨモフケユクニ|イモモアハヌカモ

ローマ字読み|大文字

KASUMITATSU|HARUNONAGAHIO|KOHIKURASHI|YOMOFUKEYUKUNI|IMOMOAHANUKAMO

ローマ字読み|小文字

kasumitatsu|harunonagahio|kohikurashi|yomofukeyukuni|imomoahanukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かすみたつ[寛],
はるのながひを,[寛]はるのなかひを,
こひくらし[寛],
よもふけゆくに,[寛]よのふけゆけは,
いももあはぬかも,[寛]いもにあへるかも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました