万葉集1911番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1911番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1911番について

歌番号

1911番

原文

左丹頬經|妹乎念登|霞立|春日毛晩尓|戀度可母

訓読

さ丹つらふ妹を思ふと霞立つ春日もくれに恋ひわたるかも

かな読み

さにつらふ|いもをおもふと|かすみたつ|はるひもくれに|こひわたるかも

カタカナ読み

サニツラフ|イモヲオモフト|カスミタツ|ハルヒモクレニ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

SANITSURAFU|IMOOMOFUTO|KASUMITATSU|HARUHIMOKURENI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

sanitsurafu|imoomofuto|kasumitatsu|haruhimokureni|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情|季節

校異

母【元】【類】(塙)毛

寛永版本

さにつらふ[寛],
いもをおもふと[寛],
かすみたつ[寛],
はるひもくれに[寛],
こひわたるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました