万葉集1891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1891番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1891番について

歌番号

1891番

原文

冬隠|春開花|手折以|千遍限|戀渡鴨

訓読

冬こもり春咲く花を手折り持ち千たびの限り恋ひわたるかも

かな読み

ふゆこもり|はるさくはなを|たをりもち|ちたびのかぎり|こひわたるかも

カタカナ読み

フユコモリ|ハルサクハナヲ|タヲリモチ|チタビノカギリ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

FUYUKOMORI|HARUSAKUHANAO|TAORIMOCHI|CHITABINOKAGIRI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

fuyukomori|harusakuhanao|taorimochi|chitabinokagiri|kohiwatarukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ふゆこもり[寛],
はるさくはなを[寛],
たをりもち,[寛]をりもちて,
ちたびのかぎり,[寛]ちへのかきりも,
こひわたるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました