万葉集1908番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1908番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1908番について

歌番号

1908番

原文

春去者|水草之上尓|置霜乃|消乍毛我者|戀度鴨

訓読

春されば水草の上に置く霜の消につつも我れは恋ひわたるかも

かな読み

はるされば|みくさのうへに|おくしもの|けにつつもあれは|こひわたるかも

カタカナ読み

ハルサレバ|ミクサノウヘニ|オクシモノ|ケニツツモアレハ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|MIKUSANOHENI|OKUSHIMONO|KENITSUTSUMOAREHA|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

harusareba|mikusanoheni|okushimono|kenitsutsumoareha|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
みくさのうへに[寛],
おくしもの[寛],
けにつつもあれは,[寛]けつつもわれは,
こひわたるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました