万葉集1896番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1896番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1896番について

歌番号

1896番

原文

春去|為垂柳|十緒|妹心|乗在鴨

訓読

春さればしだり柳のとををにも妹は心に乗りにけるかも

かな読み

はるされば|しだりやなぎの|とををにも|いもはこころに|のりにけるかも

カタカナ読み

ハルサレバ|シダリヤナギノ|トヲヲニモ|イモハココロニ|ノリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|SHIDARIYANAGINO|TOONIMO|IMOHAKOKORONI|NORINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

harusareba|shidariyanagino|toonimo|imohakokoroni|norinikerukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|植物|恋情

校異

歌【西】謌

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
しだりやなぎの,[寛]したりやなきの,
とををにも[寛],
いもはこころに,[寛]いもかこころに,
のりにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました