万葉集1898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1898番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1898番について

歌番号

1898番

原文

容鳥之|間無數鳴|春野之|草根乃繁|戀毛為鴨

訓読

貌鳥の間なくしば鳴く春の野の草根の繁き恋もするかも

かな読み

かほどりの|まなくしばなく|はるののの|くさねのしげき|こひもするかも

カタカナ読み

カホドリノ|マナクシバナク|ハルノノノ|クサネノシゲキ|コヒモスルカモ

ローマ字読み|大文字

KAHODORINO|MANAKUSHIBANAKU|HARUNONONO|KUSANENOSHIGEKI|KOHIMOSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kahodorino|manakushibanaku|harunonono|kusanenoshigeki|kohimosurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かほどりの,[寛]かほとりの,
まなくしばなく,[寛]まなくしはなく,
はるののの[寛],
くさねのしげき,[寛]くさねのしけき,
こひもするかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました