万葉集1452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1452番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1452番について

歌番号

1452番

原文

闇夜有者|宇倍毛不来座|梅花|開月夜尓|伊而麻左自常屋

訓読

闇ならばうべも来まさじ梅の花咲ける月夜に出でまさじとや

かな読み

やみならば|うべもきまさじ|うめのはな|さけるつくよに|いでまさじとや

カタカナ読み

ヤミナラバ|ウベモキマサジ|ウメノハナ|サケルツクヨニ|イデマサジトヤ

ローマ字読み|大文字

YAMINARABA|UBEMOKIMASAJI|UMENOHANA|SAKERUTSUKUYONI|IDEMASAJITOYA

ローマ字読み|小文字

yaminaraba|ubemokimasaji|umenohana|sakerutsukuyoni|idemasajitoya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|小鹿|恋情|怨恨|植物|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やみならば,[寛]やみなれは,
うべもきまさじ,[寛]うへもきまさす,
うめのはな[寛],
さけるつくよに,[寛]さけるつきよに,
いでまさじとや,[寛]いてまさしとや,

巻数

第8巻

作者

紀女郎

タイトルとURLをコピーしました