万葉集1453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1453番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1453番について

歌番号

1453番

原文

玉手次|不懸時無|氣緒尓|吾念公者|虚蝉之|<世人有者|大王之>|命恐|夕去者|鶴之妻喚|難波方|三津埼従|大舶尓|二梶繁貫|白浪乃|高荒海乎|嶋傳|伊別徃者|留有|吾者幣引|齋乍|公乎者将<待>|早還万世

訓読

玉たすき|懸けぬ時なく|息の緒に|我が思ふ君は|うつせみの|世の人なれば|大君の|命畏み|夕されば|鶴が妻呼ぶ|難波潟|御津の崎より|大船に|真楫しじ貫き|白波の|高き荒海を|島伝ひ|い別れ行かば|留まれる|我れは幣引き|斎ひつつ|君をば待たむ|早帰りませ

かな読み

たまたすき|かけぬときなく|いきのをに|あがおもふきみは|うつせみの|よのひとなれば|おほきみの|みことかしこみ|ゆふされば|たづがつまよぶ|なにはがた|みつのさきより|おほぶねに|まかぢしじぬき|しらなみの|たかきあるみを|しまづたひ|いわかれゆかば|とどまれる|われはぬさひき|いはひつつ|きみをばまたむ|はやかへりませ

カタカナ読み

タマタスキ|カケヌトキナク|イキノヲニ|アガオモフキミハ|ウツセミノ|ヨノヒトナレバ|オホキミノ|ミコトカシコミ|ユフサレバ|タヅガツマヨブ|ナニハガタ|ミツノサキヨリ|オホブネニ|マカヂシジヌキ|シラナミノ|タカキアルミヲ|シマヅタヒ|イワカレユカバ|トドマレル|ワレハヌサヒキ|イハヒツツ|キミヲバマタム|ハヤカヘリマセ

ローマ字読み|大文字

TAMATASUKI|KAKENUTOKINAKU|IKINONI|AGAOMOFUKIMIHA|UTSUSEMINO|YONOHITONAREBA|OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|YUFUSAREBA|TAZUGATSUMAYOBU|NANIHAGATA|MITSUNOSAKIYORI|OHOBUNENI|MAKAJISHIJINUKI|SHIRANAMINO|TAKAKIARUMIO|SHIMAZUTAHI|IWAKAREYUKABA|TODOMARERU|WAREHANUSAHIKI|IHAHITSUTSU|KIMIOBAMATAMU|HAYAKAHERIMASE

ローマ字読み|小文字

tamatasuki|kakenutokinaku|ikinoni|agaomofukimiha|utsusemino|yonohitonareba|ohokimino|mikotokashikomi|yufusareba|tazugatsumayobu|nanihagata|mitsunosakiyori|ohobuneni|makajishijinuki|shiranamino|takakiarumio|shimazutahi|iwakareyukaba|todomareru|warehanusahiki|ihahitsutsu|kimiobamatamu|hayakaherimase

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|入唐使|贈答|送別|遣唐使|枕詞|地名|大阪|餞別|天平5年閏3月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌|->世人有者大王之【代匠記初稿本】|徃->待【代匠記初稿本】

寛永版本

たまたすき[寛],
かけぬときなく[寛],
いきのをに[寛],
あがおもふきみは,[寛]わかおもふきみは,
うつせみの[寛],
よのひとなれば,
おほきみの,
みことかしこみ[寛],
ゆふされば,[寛]ゆふされは,
たづがつまよぶ,[寛]たつのつまよふ,
なにはがた,[寛]なにはかた,
みつのさきより[寛],
おほぶねに,[寛]おほふねに,
まかぢしじぬき,[寛]まかちししぬき,
しらなみの[寛],
たかきあるみを[寛],
しまづたひ,[寛]しまつたひ,
いわかれゆかば,[寛]いわかれゆけは,
とどまれる,[寛]ととまれる,
われはぬさひき,[寛]われはたむけに,
いはひつつ[寛],
きみをばまたむ,[寛]きみをはやらむ,
はやかへりませ[寛],

巻数

第8巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました