万葉集1915番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1915番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1915番について

歌番号

1915番

原文

吾背子尓|戀而為便莫|春雨之|零別不知|出而来可聞

訓読

我が背子に恋ひてすべなみ春雨の降るわき知らず出でて来しかも

かな読み

わがせこに|こひてすべなみ|はるさめの|ふるわきしらず|いでてこしかも

カタカナ読み

ワガセコニ|コヒテスベナミ|ハルサメノ|フルワキシラズ|イデテコシカモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKONI|KOHITESUBENAMI|HARUSAMENO|FURUWAKISHIRAZU|IDETEKOSHIKAMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoni|kohitesubenami|harusameno|furuwakishirazu|idetekoshikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わがせこに,[寛]わかせこに,
こひてすべなみ,[寛]こひてすへなみ,
はるさめの[寛],
ふるわきしらず,[寛]ふるわきしらす,
いでてこしかも,[寛]いててこしかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました