万葉集1926番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1926番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1926番について

歌番号

1926番

原文

春山之|馬酔花之|不悪|公尓波思恵也|所因友好

訓読

春山の馬酔木の花の悪しからぬ君にはしゑや寄そるともよし

かな読み

はるやまの|あしびのはなの|あしからぬ|きみにはしゑや|よそるともよし

カタカナ読み

ハルヤマノ|アシビノハナノ|アシカラヌ|キミニハシヱヤ|ヨソルトモヨシ

ローマ字読み|大文字

HARUYAMANO|ASHIBINOHANANO|ASHIKARANU|KIMINIHASHIEYA|YOSORUTOMOYOSHI

ローマ字読み|小文字

haruyamano|ashibinohanano|ashikaranu|kiminihashieya|yosorutomoyoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるやまの[寛],
あしびのはなの,[寛]つつしのはなの,
あしからぬ,[寛]にくからぬ,
きみにはしゑや[寛],
よそるともよし,[寛]よりぬともよし,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました