万葉集1904番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1904番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1904番について

歌番号

1904番

原文

梅花|四垂柳尓|折雜|花尓供養者|君尓相可毛

訓読

梅の花しだり柳に折り交へ花に供へば君に逢はむかも

かな読み

うめのはな|しだりやなぎに|をりまじへ|はなにそなへば|きみにあはむかも

カタカナ読み

ウメノハナ|シダリヤナギニ|ヲリマジヘ|ハナニソナヘバ|キミニアハムカモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SHIDARIYANAGINI|ORIMAJIHE|HANANISONAHEBA|KIMINIAHAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|shidariyanagini|orimajihe|hananisonaheba|kiminiahamukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
しだりやなぎに,[寛]したりやなきに,
をりまじへ,[寛]をりませて,
はなにそなへば,[寛]はなにそなへは,
きみにあはむかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました