万葉集1924番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1924番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1924番について

歌番号

1924番

原文

大夫之|伏居嘆而|造有|四垂柳之|蘰為吾妹

訓読

大夫の伏し居嘆きて作りたるしだり柳のかづらせ我妹

かな読み

ますらをの|ふしゐなげきて|つくりたる|しだりやなぎの|かづらせわぎも

カタカナ読み

マスラヲノ|フシヰナゲキテ|ツクリタル|シダリヤナギノ|カヅラセワギモ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|FUSHIINAGEKITE|TSUKURITARU|SHIDARIYANAGINO|KAZURASEWAGIMO

ローマ字読み|小文字

masuraono|fushiinagekite|tsukuritaru|shidariyanagino|kazurasewagimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ますらをの[寛],
ふしゐなげきて,[寛]ふしゐなけきて,
つくりたる[寛],
しだりやなぎの,[寛]したりやなきの,
かづらせわぎも,[寛]かつらせよわきも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました