万葉集1920番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1920番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1920番について

歌番号

1920番

原文

春草之|繁吾戀|大海|方徃浪之|千重積

訓読

春草の繁き我が恋大海の辺に行く波の千重に積もりぬ

かな読み

はるくさの|しげきあがこひ|おほうみの|へにゆくなみの|ちへにつもりぬ

カタカナ読み

ハルクサノ|シゲキアガコヒ|オホウミノ|ヘニユクナミノ|チヘニツモリヌ

ローマ字読み|大文字

HARUKUSANO|SHIGEKIAGAKOHI|OHOMINO|HENIYUKUNAMINO|CHIHENITSUMORINU

ローマ字読み|小文字

harukusano|shigekiagakohi|ohomino|heniyukunamino|chihenitsumorinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるくさの[寛],
しげきあがこひ,[寛]しけきわかこひ,
おほうみの[寛],
へにゆくなみの,[寛]かたゆくなみの,
ちへにつもりぬ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました