万葉集1900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1900番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1900番について

歌番号

1900番

原文

梅花|咲散苑尓|吾将去|君之使乎|片待香花光

訓読

梅の花咲き散る園に我れ行かむ君が使を片待ちがてり

かな読み

うめのはな|さきちるそのに|われゆかむ|きみがつかひを|かたまちがてり

カタカナ読み

ウメノハナ|サキチルソノニ|ワレユカム|キミガツカヒヲ|カタマチガテリ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKICHIRUSONONI|WAREYUKAMU|KIMIGATSUKAHIO|KATAMACHIGATERI

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakichirusononi|wareyukamu|kimigatsukahio|katamachigateri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
さきちるそのに[寛],
われゆかむ[寛],
きみがつかひを,[寛]きみかつかひを,
かたまちがてり,[寛]かたまちかてら,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました