万葉集1922番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1922番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1922番について

歌番号

1922番

原文

梅花|咲而落去者|吾妹乎|将来香不来香跡|吾待乃木曽

訓読

梅の花咲きて散りなば我妹子を来むか来じかと我が松の木ぞ

かな読み

うめのはな|さきてちりなば|わぎもこを|こむかこじかと|わがまつのきぞ

カタカナ読み

ウメノハナ|サキテチリナバ|ワギモコヲ|コムカコジカト|ワガマツノキゾ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKITECHIRINABA|WAGIMOKO|KOMUKAKOJIKATO|WAGAMATSUNOKIZO

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakitechirinaba|wagimoko|komukakojikato|wagamatsunokizo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
さきてちりなば,[寛]さきてちりなは,
わぎもこを,[寛]わきもこを,
こむかこじかと,[寛]こむかこしかと,
わがまつのきぞ,[寛]わかまつのきそ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました