万葉集1916番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1916番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1916番について

歌番号

1916番

原文

今更|君者伊不徃|春雨之|情乎人之|不知有名國

訓読

今さらに君はい行かじ春雨の心を人の知らずあらなくに

かな読み

いまさらに|きみはいゆかじ|はるさめの|こころをひとの|しらずあらなくに

カタカナ読み

イマサラニ|キミハイユカジ|ハルサメノ|ココロヲヒトノ|シラズアラナクニ

ローマ字読み|大文字

IMASARANI|KIMIHAIYUKAJI|HARUSAMENO|KOKOROHITONO|SHIRAZUARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

imasarani|kimihaiyukaji|harusameno|kokorohitono|shirazuaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いまさらに[寛],
きみはいゆかじ,[寛]きみはいゆくな,
はるさめの[寛],
こころをひとの[寛],
しらずあらなくに,[寛]しらさをなくに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました