万葉集1918番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1918番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1918番について

歌番号

1918番

原文

梅花|令散春雨|多零|客尓也君之|廬入西留良武

訓読

梅の花散らす春雨いたく降る旅にや君が廬りせるらむ

かな読み

うめのはな|ちらすはるさめ|いたくふる|たびにやきみが|いほりせるらむ

カタカナ読み

ウメノハナ|チラスハルサメ|イタクフル|タビニヤキミガ|イホリセルラム

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|CHIRASUHARUSAME|ITAKUFURU|TABINIYAKIMIGA|IHORISERURAMU

ローマ字読み|小文字

umenohana|chirasuharusame|itakufuru|tabiniyakimiga|ihoriseruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情|雨隠り

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
ちらすはるさめ[寛],
いたくふる,[寛]さはにふる,
たびにやきみが,[寛]たひにやきみか,
いほりせるらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました