万葉集1906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1906番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1906番について

歌番号

1906番

原文

梅花|吾者不令落|青丹吉|平城之人|来管見之根

訓読

梅の花我れは散らさじあをによし奈良なる人も来つつ見るがね

かな読み

うめのはな|われはちらさじ|あをによし|ならなるひとも|きつつみるがね

カタカナ読み

ウメノハナ|ワレハチラサジ|アヲニヨシ|ナラナルヒトモ|キツツミルガネ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|WAREHACHIRASAJI|AONIYOSHI|NARANARUHITOMO|KITSUTSUMIRUGANE

ローマ字読み|小文字

umenohana|warehachirasaji|aoniyoshi|naranaruhitomo|kitsutsumirugane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
われはちらさじ,[寛]われはちらさし,
あをによし[寛],
ならなるひとも,[寛]ならなるひとの,
きつつみるがね,[寛]きつつみるかね,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました