万葉集1929番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1929番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1929番について

歌番号

1929番

原文

狭野方波|實尓成西乎|今更|春雨零而|花将咲八方

訓読

さのかたは実になりにしを今さらに春雨降りて花咲かめやも

かな読み

さのかたは|みになりにしを|いまさらに|はるさめふりて|はなさかめやも

カタカナ読み

サノカタハ|ミニナリニシヲ|イマサラニ|ハルサメフリテ|ハナサカメヤモ

ローマ字読み|大文字

SANOKATAHA|MININARINISHIO|IMASARANI|HARUSAMEFURITE|HANASAKAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

sanokataha|mininarinishio|imasarani|harusamefurite|hanasakameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情|問答

校異

特に無し

寛永版本

さのかたは[寛],
みになりにしを[寛],
いまさらに[寛],
はるさめふりて[寛],
はなさかめやも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました