万葉集1930番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1930番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1930番について

歌番号

1930番

原文

梓弓|引津邊有|莫告藻之|花咲及二|不會君毳

訓読

梓弓引津の辺なるなのりその花咲くまでに逢はぬ君かも

かな読み

あづさゆみ|ひきつのへなる|なのりその|はなさくまでに|あはぬきみかも

カタカナ読み

アヅサユミ|ヒキツノヘナル|ナノリソノ|ハナサクマデニ|アハヌキミカモ

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|HIKITSUNOHENARU|NANORISONO|HANASAKUMADENI|AHANUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

azusayumi|hikitsunohenaru|nanorisono|hanasakumadeni|ahanukimikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|福岡県|地名|植物|恋情|問答

校異

特に無し

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
ひきつのへなる[寛],
なのりその,[寛]なのりそか,
はなさくまでに,[寛]はなさくまてに,
あはぬきみかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました