万葉集1934番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1934番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1934番について

歌番号

1934番

原文

相不念|妹哉本名|菅根乃|長春日乎|念晩牟

訓読

相思はぬ妹をやもとな菅の根の長き春日を思ひ暮らさむ

かな読み

あひおもはぬ|いもをやもとな|すがのねの|ながきはるひを|おもひくらさむ

カタカナ読み

アヒオモハヌ|イモヲヤモトナ|スガノネノ|ナガキハルヒヲ|オモヒクラサム

ローマ字読み|大文字

AHIOMOHANU|IMOYAMOTONA|SUGANONENO|NAGAKIHARUHIO|OMOHIKURASAMU

ローマ字読み|小文字

ahiomohanu|imoyamotona|suganoneno|nagakiharuhio|omohikurasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情|問答|植物

校異

特に無し

寛永版本

あひおもはぬ[寛],
いもをやもとな[寛],
すがのねの,[寛]すかのねの,
ながきはるひを,[寛]なかきはるひを,
おもひくらさむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました