万葉集1935番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1935番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1935番について

歌番号

1935番

原文

春去者|先鳴鳥乃|鴬之|事先立之|君乎之将待

訓読

春さればまづ鳴く鳥の鴬の言先立ちし君をし待たむ

かな読み

はるされば|まづなくとりの|うぐひすの|ことさきだちし|きみをしまたむ

カタカナ読み

ハルサレバ|マヅナクトリノ|ウグヒスノ|コトサキダチシ|キミヲシマタム

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|MAZUNAKUTORINO|UGUHISUNO|KOTOSAKIDACHISHI|KIMIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

harusareba|mazunakutorino|uguhisuno|kotosakidachishi|kimioshimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|動物|恋情|問答

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
まづなくとりの,[寛]まつなくとりの,
うぐひすの,[寛]うくひすの,
ことさきだちし,[寛]ことさきたてし,
きみをしまたむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました