万葉集1936番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1936番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1936番について

歌番号

1936番

原文

相不念|将有兒故|玉緒|長春日乎|念晩久

訓読

相思はずあるらむ子ゆゑ玉の緒の長き春日を思ひ暮らさく

かな読み

あひおもはず|あるらむこゆゑ|たまのをの|ながきはるひを|おもひくらさく

カタカナ読み

アヒオモハズ|アルラムコユヱ|タマノヲノ|ナガキハルヒヲ|オモヒクラサク

ローマ字読み|大文字

AHIOMOHAZU|ARURAMUKOYUE|TAMANONO|NAGAKIHARUHIO|OMOHIKURASAKU

ローマ字読み|小文字

ahiomohazu|aruramukoyue|tamanono|nagakiharuhio|omohikurasaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|問答|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あひおもはず,[寛]あひおもはす,
あるらむこゆゑ,[寛]あらむこゆゑに,
たまのをの[寛],
ながきはるひを,[寛]なかきはるひを,
おもひくらさく[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました