万葉集1890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1890番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1890番について

歌番号

1890番

原文

春<山>|<友>鴬|鳴別|<眷>益間|思御吾

訓読

春山の友鴬の泣き別れ帰ります間も思ほせ我れを

かな読み

はるやまの|ともうぐひすの|なきわかれ|かへりますまも|おもほせわれを

カタカナ読み

ハルヤマノ|トモウグヒスノ|ナキワカレ|カヘリマスマモ|オモホセワレヲ

ローマ字読み|大文字

HARUYAMANO|TOMOGUHISUNO|NAKIWAKARE|KAHERIMASUMAMO|OMOHOSEWAREO

ローマ字読み|小文字

haruyamano|tomoguhisuno|nakiwakare|kaherimasumamo|omohosewareo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|動物|恋情|序詞

校異

日野->山【新校】|犬->友【類】|春春->眷【西(訂正)】【細】【京】

寛永版本

はるやまの,[寛]かすかのに,
ともうぐひすの,[寛]いぬるうくひす,
なきわかれ[寛],
かへりますまも,[寛]かへりますほと,
おもほせわれを,[寛]おもひますわれ,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました