万葉集1928番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1928番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1928番について

歌番号

1928番

原文

狭野方波|實尓雖不成|花耳|開而所見社|戀之名草尓

訓読

さのかたは実にならずとも花のみに咲きて見えこそ恋のなぐさに

かな読み

さのかたは|みにならずとも|はなのみに|さきてみえこそ|こひのなぐさに

カタカナ読み

サノカタハ|ミニナラズトモ|ハナノミニ|サキテミエコソ|コヒノナグサニ

ローマ字読み|大文字

SANOKATAHA|MININARAZUTOMO|HANANOMINI|SAKITEMIEKOSO|KOHINONAGUSANI

ローマ字読み|小文字

sanokataha|mininarazutomo|hananomini|sakitemiekoso|kohinonagusani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情|問答

校異

特に無し

寛永版本

さのかたは[寛],
みにならずとも,[寛]みにならすとも,
はなのみに,[寛]はなにのみ,
さきてみえこそ,[寛]さきてみへこそ,
こひのなぐさに,[寛]こひのなくさに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました