万葉集1913番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1913番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1913番について

歌番号

1913番

原文

見渡者|春日之野邊|立霞|見巻之欲|君之容儀香

訓読

見わたせば春日の野辺に立つ霞見まくの欲しき君が姿か

かな読み

みわたせば|かすがののへに|たつかすみ|みまくのほしき|きみがすがたか

カタカナ読み

ミワタセバ|カスガノノヘニ|タツカスミ|ミマクノホシキ|キミガスガタカ

ローマ字読み|大文字

MIWATASEBA|KASUGANONOHENI|TATSUKASUMI|MIMAKUNOHOSHIKI|KIMIGASUGATAKA

ローマ字読み|小文字

miwataseba|kasuganonoheni|tatsukasumi|mimakunohoshiki|kimigasugataka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|奈良|地名|恋情

校異

邊【西(右書)】邊尓

寛永版本

みわたせば,[寛]みわたせは,
かすがののへに,[寛]かすかののへに,
たつかすみ[寛],
みまくのほしき[寛],
きみがすがたか,[寛]きみかすかたか,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました