万葉集1895番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1895番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1895番について

歌番号

1895番

原文

春去|先三枝|幸命在|後相|莫戀吾妹

訓読

春さればまづさきくさの幸くあらば後にも逢はむな恋ひそ我妹

かな読み

はるされば|まづさきくさの|さきくあらば|のちにもあはむ|なこひそわぎも

カタカナ読み

ハルサレバ|マヅサキクサノ|サキクアラバ|ノチニモアハム|ナコヒソワギモ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|MAZUSAKIKUSANO|SAKIKUARABA|NOCHINIMOAHAMU|NAKOHISOWAGIMO

ローマ字読み|小文字

harusareba|mazusakikusano|sakikuaraba|nochinimoahamu|nakohisowagimo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春相聞|略体|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
まづさきくさの,[寛]まつさきくさの,
さきくあらば,[寛]さきくあらは,
のちにもあはむ,[寛]のちもあひみむな,
なこひそわぎも,[寛]なこひそわきもこ,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました