万葉集1912番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1912番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1912番について

歌番号

1912番

原文

霊寸春|吾山之於尓|立霞|雖立雖座|君之随意

訓読

たまきはる我が山の上に立つ霞立つとも居とも君がまにまに

かな読み

たまきはる|わがやまのうへに|たつかすみ|たつともうとも|きみがまにまに

カタカナ読み

タマキハル|ワガヤマノウヘニ|タツカスミ|タツトモウトモ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

TAMAKIHARU|WAGAYAMANOHENI|TATSUKASUMI|TATSUTOMOTOMO|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

tamakiharu|wagayamanoheni|tatsukasumi|tatsutomotomo|kimigamanimani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|枕詞|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまきはる[寛],
わがやまのうへに,[寛]わかやまのうへに,
たつかすみ[寛],
たつともうとも,[寛]たちてもゐても,
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました