万葉集1901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1901番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1901番について

歌番号

1901番

原文

藤浪|咲春野尓|蔓葛|下夜之戀者|久雲在

訓読

藤波の咲く春の野に延ふ葛の下よし恋ひば久しくもあらむ

かな読み

ふぢなみの|さくはるののに|はふくずの|したよしこひば|ひさしくもあらむ

カタカナ読み

フヂナミノ|サクハルノノニ|ハフクズノ|シタヨシコヒバ|ヒサシクモアラム

ローマ字読み|大文字

FUJINAMINO|SAKUHARUNONONI|HAFUKUZUNO|SHITAYOSHIKOHIBA|HISASHIKUMOARAMU

ローマ字読み|小文字

fujinamino|sakuharunononi|hafukuzuno|shitayoshikohiba|hisashikumoaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|植物|恋情|忍び恋

校異

特に無し

寛永版本

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,
さくはるののに,[寛]さけるはるのに,
はふくずの,[寛]はふくすの,
したよしこひば,[寛]したよのこひは,
ひさしくもあらむ,[寛]ひさしくもあり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました