万葉集|第4巻の和歌一覧

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集658番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集658番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集658番について歌番号658番原文雖念|知僧裳無跡|知物乎|奈何幾許|吾戀渡訓読思へども験もなしと知るものを何かここだく我が恋ひわたるかな読みおもへども|しるし...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集674番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集674番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集674番について歌番号674番原文真玉付|彼此兼手|言齒五十戸|相而後社|悔二破有跡五十戸訓読真玉つくをちこち兼ねて言は言へど逢ひて後こそ悔にはありといへかな読...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集690番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集690番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集690番について歌番号690番原文照乎|闇尓見成而|哭涙|衣津|干人無二訓読照る月を闇に見なして泣く涙衣濡らしつ干す人なしにかな読みてるつきを|やみにみなして|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集659番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集659番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集659番について歌番号659番原文豫|人事繁|如是有者|四恵也吾背子|奥裳何如荒海藻訓読あらかじめ人言繁しかくしあらばしゑや我が背子奥もいかにあらめかな読みあら...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集675番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集675番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集675番について歌番号675番原文娘子部四|咲澤二生流|花勝見|都毛不知|戀裳摺可聞訓読をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかもかな読みをみな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集691番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集691番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集691番について歌番号691番原文百礒城之|大宮人者|雖多有|情尓乗而|所念妹訓読ももしきの大宮人は多かれど心に乗りて思ほゆる妹かな読みももしきの|おほみやひと...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集660番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集660番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集660番について歌番号660番原文汝乎与吾乎|人曽離奈流|乞吾君|人之中言|聞起名湯目訓読汝をと我を人ぞ離くなるいで我が君人の中言聞きこすなゆめかな読みなをとあ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集676番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集676番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集676番について歌番号676番原文海底|奥乎深目手|吾念有|君二波将相|年者經十方訓読海の底奥を深めて我が思へる君には逢はむ年は経ぬともかな読みわたのそこ|おく...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集692番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集692番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集692番について歌番号692番原文得羽重無|妹二毛有鴨|如此許|人情乎|令盡念者訓読うはへなき妹にもあるかもかくばかり人の心を尽さく思へばかな読みうはへなき|い...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集661番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集661番について歌番号661番原文戀々而|相有時谷|愛寸|事盡手四|長常念者訓読恋ひ恋ひて逢へる時だにうるはしき言尽してよ長くと思はばかな読みこひこひて|あへる...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集677番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集677番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集677番について歌番号677番原文春日山|朝居雲乃|欝|不知人尓毛|戀物香聞訓読春日山朝居る雲のおほほしく知らぬ人にも恋ふるものかもかな読みかすがやま|あさゐる...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集662番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集662番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集662番について歌番号662番原文網兒之山|五百重隠有|佐堤乃埼|左手蝿師子之|夢二四所見訓読網児の山五百重隠せる佐堤の崎さで延へし子が夢にし見ゆるかな読みあご...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集678番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集678番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集678番について歌番号678番原文直相而|見而者耳社|霊剋|命向|吾戀止眼訓読直に逢ひて見てばのみこそたまきはる命に向ふ我が恋やまめかな読みただにあひて|みてば...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集663番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集663番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集663番について歌番号663番原文佐穂度|吾家之上二|鳴鳥之|音夏可思吉|愛妻之兒訓読佐保渡り我家の上に鳴く鳥の声なつかしきはしき妻の子かな読みさほわたり|わぎ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集679番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集679番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集679番について歌番号679番原文不欲常云者|将強哉吾背|菅根之|念乱而|戀管母将有訓読いなと言はば強ひめや我が背菅の根の思ひ乱れて恋ひつつもあらむかな読みいな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集664番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集664番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集664番について歌番号664番原文石上|零十方雨二|将關哉|妹似相武登|言義之鬼尾訓読石上降るとも雨につつまめや妹に逢はむと言ひてしものをかな読みいそのかみ|ふ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集680番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集680番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集680番について歌番号680番原文盖毛|人之中言|聞可毛|幾許雖待|君之不来益訓読けだしくも人の中言聞かせかもここだく待てど君が来まさぬかな読みけだしくも|ひと...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集665番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集665番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集665番について歌番号665番原文向座而|雖見不飽|吾妹子二|立離徃六|田付不知毛訓読向ひ居て見れども飽かぬ我妹子に立ち別れ行かむたづき知らずもかな読みむかひゐ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集681番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集681番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集681番について歌番号681番原文中々尓|絶年云者|如此許|氣緒尓四而|吾将戀八方訓読なかなかに絶ゆとし言はばかくばかり息の緒にして我れ恋ひめやもかな読みなかな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集666番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集666番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集666番について歌番号666番原文不相見者|幾久毛|不有國|幾許吾者|戀乍裳荒鹿訓読相見ぬは幾久さにもあらなくにここだく我れは恋ひつつもあるかかな読みあひみぬは...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集682番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集682番について歌番号682番原文将念|人尓有莫國|懃|情盡而|戀流吾毳訓読思ふらむ人にあらなくにねもころに心尽して恋ふる我れかもかな読みおもふらむ|ひとにあら...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集667番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集667番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集667番について歌番号667番原文戀々而|相有物乎|月四有者|夜波隠良武|須臾羽蟻待訓読恋ひ恋ひて逢ひたるものを月しあれば夜は隠るらむしましはあり待てかな読みこ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集683番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集683番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集683番について歌番号683番原文謂言之|恐國曽|紅之|色莫出曽|念死友訓読言ふ言の畏き国ぞ紅の色にな出でそ思ひ死ぬともかな読みいふことの|かしこきくにぞ|くれ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集668番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集668番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集668番について歌番号668番原文朝尓日尓|色付山乃|白雲之|可思過|君尓不有國訓読朝に日に色づく山の白雲の思ひ過ぐべき君にあらなくにかな読みあさにけに|いろづ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集684番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集684番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集684番について歌番号684番原文今者吾波|将死与吾背|生十方|吾二可縁跡|言跡云莫苦荷訓読今は我は死なむよ我が背生けりとも我れに依るべしと言ふといはなくにかな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集669番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集669番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集669番について歌番号669番原文足引之|山橘乃|色丹出|語言継而|相事毛将有訓読あしひきの山橘の色に出でよ語らひ継ぎて逢ふこともあらむかな読みあしひきの|やま...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集685番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集685番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集685番について歌番号685番原文人事|繁哉君|二鞘之|家乎隔而|戀乍将座訓読人言を繁みか君が二鞘の家を隔てて恋ひつつまさむかな読みひとごとを|しげみかきみが|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集670番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集670番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集670番について歌番号670番原文月讀之|光二来益|足疾乃|山隔而|不遠國訓読月読の光りに来ませあしひきの山きへなりて遠からなくにかな読みつくよみの|ひかりにき...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集686番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集686番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集686番について歌番号686番原文比者|千歳八徃裳|過与|吾哉然念|欲見鴨訓読このころは千年や行きも過ぎぬると我れやしか思ふ見まく欲りかもかな読みこのころは|ち...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集671番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集671番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集671番について歌番号671番原文月讀之|光者清|雖照有|惑情|不堪念訓読月読の光りは清く照らせれど惑へる心思ひあへなくにかな読みつくよみの|ひかりはきよく|て...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集687番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集687番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集687番について歌番号687番原文愛常|吾念情|速河之|雖塞々友|猶哉将崩訓読うるはしと我が思ふ心速川の塞きに塞くともなほや崩えなむかな読みうるはしと|あがもふ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集672番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集672番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集672番について歌番号672番原文倭文手纒|數二毛不有|壽持|奈何幾許|吾戀渡訓読しつたまき数にもあらぬ命もて何かここだく我が恋ひわたるかな読みしつたまき|かず...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集688番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集688番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集688番について歌番号688番原文青山乎|横g雲之|灼然|吾共咲為而|人二所知名訓読青山を横ぎる雲のいちしろく我れと笑まして人に知らゆなかな読みあをやまを|よこ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集673番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集673番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集673番について歌番号673番原文真十鏡|磨師心乎|縦者|後尓雖云|驗将在八方訓読まそ鏡磨ぎし心をゆるしてば後に言ふとも験あらめやもかな読みまそかがみ|とぎしこ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集689番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集689番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集689番について歌番号689番原文海山毛|隔莫國|奈何鴨|目言乎谷裳|幾許乏寸訓読海山も隔たらなくに何しかも目言をだにもここだ乏しきかな読みうみやまも|へだたら...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集626番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集626番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集626番について歌番号626番原文君尓因|言之繁乎|古郷之|明日香乃河尓|潔身為尓去|訓読君により言の繁きを故郷の明日香の川にみそぎしに行く|かな読みきみにより...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集642番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集642番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集642番について歌番号642番原文吾妹兒尓|戀而乱|久流部寸二|懸而縁与|余戀始訓読我妹子に恋ひて乱ればくるべきに懸けて寄せむと我が恋ひそめしかな読みわぎもこに...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集627番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集627番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集627番について歌番号627番原文吾手本|将巻跡念牟|大夫者|水|白髪生二有訓読我がたもとまかむと思はむ大夫は変若水求め白髪生ひにけりかな読みわがたもと|まかむ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集643番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集643番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集643番について歌番号643番原文世間之|女尓思有者|吾渡|痛背乃河乎|渡金目八訓読世の中の女にしあらば我が渡る痛背の川を渡りかねめやかな読みよのなかの|をみな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集628番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集628番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集628番について歌番号628番原文白髪生流|事者不念|水者|鹿煮藻闕二毛|求而将行訓読白髪生ふることは思はず変若水はかにもかくにも求めて行かむかな読みしらかおふ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集644番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集644番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集644番について歌番号644番原文今者吾羽|和備曽四二結類|氣乃緒尓|念師君乎|縦左思者訓読今は我はわびぞしにける息の緒に思ひし君をゆるさく思へばかな読みいまは...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集629番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集629番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集629番について歌番号629番原文奈何鹿|使之来流|君乎社|左右裳|待難為礼訓読何すとか使の来つる君をこそかにもかくにも待ちかてにすれかな読みなにすとか|つかひ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集645番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集645番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集645番について歌番号645番原文白|袖可別|日乎近見|心尓咽飯|哭耳四所泣訓読白栲の袖別るべき日を近み心にむせひ音のみし泣かゆかな読みしろたへの|そでわかるべ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集630番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集630番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集630番について歌番号630番原文初花之|可散物乎|人事乃|繁尓因而|止息比者鴨訓読初花の散るべきものを人言の繁きによりてよどむころかもかな読みはつはなの|ちる...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集646番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集646番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集646番について歌番号646番原文大夫之|思和備乍|遍多|嘆久嘆乎|不負物可聞訓読ますらをの思ひわびつつたびまねく嘆く嘆きを負はぬものかもかな読みますらをの|お...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集631番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集631番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集631番について歌番号631番原文宇波弊無|物可聞人者|然許|遠家路乎|令還念者訓読うはへなきものかも人はしかばかり遠き家路を帰さく思へばかな読みうはへなき|も...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集647番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集647番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集647番について歌番号647番原文心者|忘日無久|雖念|人之事社|繁君尓阿礼訓読心には忘るる日なく思へども人の言こそ繁き君にあれかな読みこころには|わするるひな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集632番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集632番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集632番について歌番号632番原文目二破見而|手二破不所取|月内之|楓如|妹乎奈何責訓読目には見て手には取らえぬ月の内の楓のごとき妹をいかにせむかな読みめにはみ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集648番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集648番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集648番について歌番号648番原文不相見而|氣長久成奴|比日者|奈何好去哉|言借吾妹訓読相見ずて日長くなりぬこの頃はいかに幸くやいふかし我妹かな読みあひみずて|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集633番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集633番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集633番について歌番号633番原文幾許|思異目鴨|敷細之|枕片去|夢所見来之訓読ここだくも思ひけめかも敷栲の枕片さる夢に見え来しかな読みここだくも|おもひけめか...
タイトルとURLをコピーしました