譬喩歌

スポンサーリンク
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3572番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3572番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3572番について歌番号3572番原文安杼毛敝可|阿自久麻末乃|由豆流波乃|布敷麻留等伎尓|可是布可受可母訓読あど思へか阿自久麻山の弓絃葉のふふまる時に風吹かずかも かな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3573番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3573番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3573番について歌番号3573番原文安之比奇能|夜麻可都良加氣|麻之波尓母|衣我多奇可氣乎|於吉夜可良佐武訓読あしひきの山かづらかげましばにも得がたきかげを置きや枯らさむ ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3574番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3574番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3574番について歌番号3574番原文乎佐刀奈流|波奈多知波奈乎|比伎余治弖|乎良無登須礼杼|宇良和可美許曽訓読小里なる花橘を引き攀ぢて折らむとすれどうら若みこそ かな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3575番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3575番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3575番について歌番号3575番原文美夜自呂乃|可敝尓多弖流|可保我波奈|莫佐吉伊曽祢|許米弖思努波武訓読美夜自呂のすかへに立てるかほが花な咲き出でそねこめて偲はむ か...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3576番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3576番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3576番について歌番号3576番原文奈波之呂乃|奈宜我波奈乎|伎奴尓須里|奈流留麻尓末仁|安是可加奈思家訓読苗代の小水葱が花を衣に摺りなるるまにまにあぜか愛しけ かな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3431番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3431番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3431番について歌番号3431番原文阿之我里乃|安伎奈乃夜麻尓|比古布祢乃|斯利比可志母與|許己波故賀多尓訓読足柄の安伎奈の山に引こ船の後引かしもよここばこがたに かな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3432番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3432番について歌番号3432番原文阿之賀利乃|和乎可鶏夜麻能|可頭乃木能|和乎可豆佐祢母|可豆佐可受等母訓読足柄のわを可鶏山のかづの木の我をかづさねも門さかずとも か...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3433番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3433番について歌番号3433番原文多伎木許流|可麻久良夜麻能|許太流木乎|麻都等奈我伊波婆|古非都追夜安良牟訓読薪伐る鎌倉山の木垂る木を松と汝が言はば恋ひつつやあらむ ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3434番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3434番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3434番について歌番号3434番原文可美都家野|安蘇夜麻都豆良|野乎比呂美|波比尓思物能乎|安是加多延世武訓読上つ毛野阿蘇山つづら野を広み延ひにしものをあぜか絶えせむ ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3435番について歌番号3435番原文伊可保呂乃|蘇比乃波里波良|和我吉奴尓|都伎与良之母与|比多敝登於毛敝婆訓読伊香保ろの沿ひの榛原我が衣に着きよらしもよひたへと思へば ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3436番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3436番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3436番について歌番号3436番原文志良登保布|乎尓比多夜麻乃|毛流夜麻乃|宇良賀礼勢奈|登許波尓毛我母訓読しらとほふ小新田山の守る山のうら枯れせなな常葉にもがも かな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3437番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3437番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3437番について歌番号3437番原文美知乃久能|安太多良末由美|波自伎於伎弖|西良思馬伎那婆|都良波可馬可毛訓読陸奥の安達太良真弓はじき置きて反らしめきなば弦はかめかも ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3429番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3429番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3429番について歌番号3429番原文等保都安布美|伊奈佐保曽江乃|水乎都久思|安礼乎多能米弖|安佐麻之物能乎訓読遠江引佐細江のみをつくし我れを頼めてあさましものを かな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3430番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3430番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3430番について歌番号3430番原文斯太能宇良乎|阿佐許求布祢波|与志奈之尓|許求良米可母与|志許佐流良米訓読志太の浦を朝漕ぐ船はよしなしに漕ぐらめかもよよしこさるらめ ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3323番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3323番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3323番について歌番号3323番原文師名立|都久麻左野方|息長之|遠智能小菅|不連尓|伊苅持来|不敷尓|伊苅持来而|置而|吾乎令偲|息長之|遠智能子菅訓読しなたつ|筑摩さの...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1382番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1382番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1382番について歌番号1382番原文泊瀬川|流水沫之|絶者許曽|吾念心|不遂登思齒目訓読泊瀬川流るる水沫の絶えばこそ我が思ふ心遂げじと思はめ かな読みは...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1398番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1398番について歌番号1398番原文神樂聲浪乃|四賀津之浦能|船乗尓|乗西意|常不所忘訓読楽浪の志賀津の浦の舟乗りに乗りにし心常忘らえず かな読みささな...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1383番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1383番について歌番号1383番原文名毛伎世婆|人可知見|山川之|瀧情乎|塞敢有鴨訓読嘆きせば人知りぬべみ山川のたぎつ心を塞かへてあるかも かな読みなげ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1399番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1399番について歌番号1399番原文百傳|八十之嶋廻乎|榜船尓|乗情|忘不得裳訓読百伝ふ八十の島廻を漕ぐ舟に乗りにし心忘れかねつも かな読みももづたふ|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1384番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1384番について歌番号1384番原文水隠尓|氣衝餘|早川之|瀬者立友|人二将言八方訓読水隠りに息づきあまり早川の瀬には立つとも人に言はめやも かな読みみ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1400番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1400番について歌番号1400番原文嶋傳|足速乃小舟|風守|年者也經南|相常齒無二訓読島伝ふ足早の小舟風まもり年はや経なむ逢ふとはなしに かな読みしまづ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1385番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1385番について歌番号1385番原文真鉇持|弓削河原之|埋木之|不可顕|事不有君訓読真鉋持ち弓削の川原の埋れ木のあらはるましじきことにあらなくに かな読...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1401番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1401番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1401番について歌番号1401番原文水霧相|奥津小嶋尓|風乎疾見|船縁金都|心者念杼訓読水霧らふ沖つ小島に風をいたみ舟寄せかねつ心は思へど かな読みみな...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1386番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1386番について歌番号1386番原文大船尓|真梶繁貫|水手出去之|奥将深|潮者干去友訓読大船に真楫しじ貫き漕ぎ出なば沖は深けむ潮は干ぬとも かな読みおほ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1402番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1402番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1402番について歌番号1402番原文殊放者|奥従酒甞|湊自|邊著經時尓|可放鬼香訓読こと放けば沖ゆ放けなむ港より辺著かふ時に放くべきものか かな読みこと...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1387番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1387番について歌番号1387番原文伏超従|去益物乎|間守尓|所打沾|浪不數為而訓読伏越ゆ行かましものをまもらふにうち濡らさえぬ波数まずして かな読みふ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1403番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1403番について歌番号1403番原文三幣帛取|神之祝我|鎮齋杉原|燎木伐|殆之國|手斧所取奴訓読御幣取り三輪の祝が斎ふ杉原薪伐りほとほとしくに手斧取らえぬ ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1388番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1388番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1388番について歌番号1388番原文石灑|岸之浦廻尓|縁浪|邊尓来依者香|言之将繁訓読石そそき岸の浦廻に寄する波辺に来寄らばか言の繁けむ かな読みいはそ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1389番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1389番について歌番号1389番原文礒之浦尓|来依白浪|反乍|過不勝者|尓絶多倍訓読礒の浦に来寄る白波返りつつ過ぎかてなくは誰れにたゆたへ かな読みいそ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1390番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1390番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1390番について歌番号1390番原文淡海之海|浪恐登|風守|年者也将經去|榜者無二訓読近江の海波畏みと風まもり年はや経なむ漕ぐとはなしに かな読みあふみ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1391番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1391番について歌番号1391番原文朝奈藝尓|来依白浪|欲見|吾雖為|風許増不令依訓読朝なぎに来寄る白波見まく欲り我れはすれども風こそ寄せね かな読みあ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1376番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1376番について歌番号1376番原文山跡之|宇陀乃真赤土|左丹著者|曽許裳香人之|吾乎言将成訓読大和の宇陀の真埴のさ丹付かばそこもか人の我を言なさむ か...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1392番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1392番について歌番号1392番原文紫之|名高浦之|愛子地|袖耳觸而|不寐香将成訓読紫の名高の浦の真砂土袖のみ触れて寝ずかなりなむ かな読みむらさきの|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1377番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1377番について歌番号1377番原文木綿懸而|祭三諸乃|神佐備而|齋尓波不在|人目多見許訓読木綿懸けて祭る三諸の神さびて斎むにはあらず人目多みこそ かな...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1393番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1393番について歌番号1393番原文豊國之|之濱邊之|愛子地|真直之有者|何如将嘆訓読豊国の企救の浜辺の真砂土真直にしあらば何か嘆かむ かな読みとよくに...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1378番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1378番について歌番号1378番原文木綿懸而|齋此神社|可超|所念可毛|戀之繁尓訓読木綿懸けて斎ふこの社越えぬべく思ほゆるかも恋の繁きに かな読みゆふか...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1394番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1394番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1394番について歌番号1394番原文塩満者|入流礒之|草有哉|見良久少|戀良久乃太寸訓読潮満てば入りぬる礒の草なれや見らく少く恋ふらくの多き かな読みし...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1379番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1379番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1379番について歌番号1379番原文不絶逝|明日香川之|不逝有者|故霜有如|人之見國訓読絶えず行く明日香の川の淀めらば故しもあるごと人の見まくに かな読...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1395番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1395番について歌番号1395番原文奥浪|依流荒礒之|名告藻者|心中尓|疾跡成有訓読沖つ波寄する荒礒のなのりそは心のうちに障みとなれり かな読みおきつな...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1380番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1380番について歌番号1380番原文明日香川|湍瀬尓玉藻者|雖生有|四賀良美有者|靡不相訓読明日香川瀬々に玉藻は生ひたれどしがらみあれば靡きあはなくに ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1396番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1396番について歌番号1396番原文紫之|名高浦乃|名告藻之|於礒将靡|時待吾乎訓読紫の名高の浦のなのりその礒に靡かむ時待つ我れを かな読みむらさきの|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1381番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1381番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1381番について歌番号1381番原文廣瀬|袖衝許|淺乎也|心深目手|吾念有良武訓読広瀬川袖漬くばかり浅きをや心深めて我が思へるらむ かな読みひろせがは|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1397番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1397番について歌番号1397番原文荒礒超|浪者恐|然為蟹|海之玉藻之|憎者不有手訓読荒礒越す波は畏ししかすがに海の玉藻の憎くはあらずて かな読みありそ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1350番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1350番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1350番について歌番号1350番原文淡海之哉|八橋乃小竹乎|不造而|信有得哉|戀敷鬼訓読近江のや八橋の小竹を矢はがずてまことありえむや恋しきものを かな...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1366番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1366番について歌番号1366番原文明日香川|七瀬之不行尓|住鳥毛|意有社|波不立目訓読明日香川七瀬の淀に住む鳥も心あれこそ波立てざらめ かな読みあすか...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1351番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1351番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1351番について歌番号1351番原文月草尓|衣者将|朝露尓|所沾而後者|去友訓読月草に衣は摺らむ朝露に濡れての後はうつろひぬとも かな読みつきくさに|こ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1367番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1367番について歌番号1367番原文三國山|木末尓住歴|武佐左妣乃|此待鳥如|吾将痩訓読三国山木末に住まふむささびの鳥待つごとく我れ待ち痩せむ かな読み...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1352番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1352番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1352番について歌番号1352番原文吾情|湯谷絶谷|浮蓴|邊毛奥毛|依益士訓読我が心ゆたにたゆたに浮蓴辺にも沖にも寄りかつましじ かな読みあがこころ|ゆ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1368番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1368番について歌番号1368番原文石倉之|小野従秋津尓|發渡|雲西裳在哉|時乎思将待訓読岩倉の小野ゆ秋津に立ちわたる雲にしもあれや時をし待たむ かな読...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1353番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1353番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1353番について歌番号1353番原文石上|振之早田乎|雖不秀|繩谷延与|守乍将居訓読石上布留の早稲田を秀でずとも縄だに延へよ守りつつ居らむ かな読みいそ...
タイトルとURLをコピーしました