万葉集1402番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1402番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1402番について

歌番号

1402番

原文

殊放者|奥従酒甞|湊自|邊著經時尓|可放鬼香

訓読

こと放けば沖ゆ放けなむ港より辺著かふ時に放くべきものか

かな読み

ことさけば|おきゆさけなむ|みなとより|へつかふときに|さくべきものか

カタカナ読み

コトサケバ|オキユサケナム|ミナトヨリ|ヘツカフトキニ|サクベキモノカ

ローマ字読み|大文字

KOTOSAKEBA|OKIYUSAKENAMU|MINATOYORI|HETSUKAFUTOKINI|SAKUBEKIMONOKA

ローマ字読み|小文字

kotosakeba|okiyusakenamu|minatoyori|hetsukafutokini|sakubekimonoka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ことさけば,[寛]ことさらは,
おきゆさけなむ,[寛]おきにさけなめ,
みなとより[寛],
へつかふときに[寛],
さくべきものか,[寛]さくへきものか,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました