万葉集1385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1385番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1385番について

歌番号

1385番

原文

真鉇持|弓削河原之|埋木之|不可顕|事<尓>不有君

訓読

真鉋持ち弓削の川原の埋れ木のあらはるましじきことにあらなくに

かな読み

まかなもち|ゆげのかはらの|うもれぎの|あらはるましじき|ことにあらなくに

カタカナ読み

マカナモチ|ユゲノカハラノ|ウモレギノ|アラハルマシジキ|コトニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

MAKANAMOCHI|YUGENOKAHARANO|UMOREGINO|ARAHARUMASHIJIKI|KOTONIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

makanamochi|yugenokaharano|umoregino|araharumashijiki|kotoniaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|大阪|恋情|人目|地名

校異

等->尓【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

まかなもち,[寛]まかなもて,
ゆげのかはらの,[寛]ゆけのかはらの,
うもれぎの,[寛]むもれきの,
あらはるましじき,[寛]あらはるましき,
ことにあらなくに[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました