万葉集1362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1362番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1362番について

歌番号

1362番

原文

秋去者|影毛将為跡|吾蒔之|韓藍之花乎|誰採家牟

訓読

秋さらば移しもせむと我が蒔きし韓藍の花を誰れか摘みけむ

かな読み

あきさらば|うつしもせむと|わがまきし|からあゐのはなを|たれかつみけむ

カタカナ読み

アキサラバ|ウツシモセムト|ワガマキシ|カラアヰノハナヲ|タレカツミケム

ローマ字読み|大文字

AKISARABA|UTSUSHIMOSEMUTO|WAGAMAKISHI|KARAAINOHANAO|TAREKATSUMIKEMU

ローマ字読み|小文字

akisaraba|utsushimosemuto|wagamakishi|karaainohanao|tarekatsumikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|悔賖蹋|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきさらば,[寛]あきさらは,
うつしもせむと,[寛]かけにもせむと,
わがまきし,[寛]わかまきし,
からあゐのはなを[寛],
たれかつみけむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました