万葉集1390番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1390番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1390番について

歌番号

1390番

原文

淡海之海|浪恐登|風守|年者也将經去|榜者無二

訓読

近江の海波畏みと風まもり年はや経なむ漕ぐとはなしに

かな読み

あふみのうみ|なみかしこみと|かぜまもり|としはやへなむ|こぐとはなしに

カタカナ読み

アフミノウミ|ナミカシコミト|カゼマモリ|トシハヤヘナム|コグトハナシニ

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|NAMIKASHIKOMITO|KAZEMAMORI|TOSHIHAYAHENAMU|KOGUTOHANASHINI

ローマ字読み|小文字

afuminomi|namikashikomito|kazemamori|toshihayahenamu|kogutohanashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|滋賀|恋情|琵琶湖|地名

校異

特に無し

寛永版本

あふみのうみ[寛],
なみかしこみと,[寛]なみをそろしと,
かぜまもり,[寛]かせまもり,
としはやへなむ[寛],
こぐとはなしに,[寛]こくとはなしに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました