万葉集3573番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3573番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3573番について

歌番号

3573番

原文

安之比奇能|夜麻可都良加氣|麻之波尓母|衣我多奇可氣乎|於吉夜可良佐武

訓読

あしひきの山かづらかげましばにも得がたきかげを置きや枯らさむ

かな読み

あしひきの|やまかづらかげ|ましばにも|えがたきかげを|おきやからさむ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマカヅラカゲ|マシバニモ|エガタキカゲヲ|オキヤカラサム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAKAZURAKAGE|MASHIBANIMO|EGATAKIKAGEO|OKIYAKARASAMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamakazurakage|mashibanimo|egatakikageo|okiyakarasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|譬喩歌|植物|婚姻

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまかづらかげ,[寛]やまかつらかけ,
ましばにも,[寛]ましはにも,
えがたきかげを,[寛]えかたきかけを,
おきやからさむ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました