万葉集1379番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1379番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1379番について

歌番号

1379番

原文

不絶逝|明日香川之|不逝有者|故霜有如|人之見國

訓読

絶えず行く明日香の川の淀めらば故しもあるごと人の見まくに

かな読み

たえずゆく|あすかのかはの|よどめらば|ゆゑしもあるごと|ひとのみまくに

カタカナ読み

タエズユク|アスカノカハノ|ヨドメラバ|ユヱシモアルゴト|ヒトノミマクニ

ローマ字読み|大文字

TAEZUYUKU|ASUKANOKAHANO|YODOMERABA|YUESHIMOARUGOTO|HITONOMIMAKUNI

ローマ字読み|小文字

taezuyuku|asukanokahano|yodomeraba|yueshimoarugoto|hitonomimakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|飛鳥|恋情|停滞|尫柜蹋|地名

校異

特に無し

寛永版本

たえずゆく,[寛]たえすゆく,
あすかのかはの[寛],
よどめらば,[寛]よとめらは,
ゆゑしもあるごと,[寛]ゆへしもあると,
ひとのみまくに,[寛]ひとのみらくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました