万葉集1399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1399番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1399番について

歌番号

1399番

原文

百傳|八十之嶋廻乎|榜船尓|乗<尓志>情|忘不得裳

訓読

百伝ふ八十の島廻を漕ぐ舟に乗りにし心忘れかねつも

かな読み

ももづたふ|やそのしまみを|こぐふねに|のりにしこころ|わすれかねつも

カタカナ読み

モモヅタフ|ヤソノシマミヲ|コグフネニ|ノリニシココロ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

MOMOZUTAFU|YASONOSHIMAMIO|KOGUFUNENI|NORINISHIKOKORO|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

momozutafu|yasonoshimamio|kogufuneni|norinishikokoro|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情|枕詞|序詞

校異

西->尓志【元】【類】【紀】

寛永版本

ももづたふ,[寛]ももつたふ,
やそのしまみを,[寛]やそのしまわを,
こぐふねに,[寛]こくふねに,
のりにしこころ[寛],
わすれかねつも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました