万葉集1364番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1364番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1364番について

歌番号

1364番

原文

欲見|戀管待之|秋芽子者|花耳開而|不成可毛将有

訓読

見まく欲り恋ひつつ待ちし秋萩は花のみ咲きてならずかもあらむ

かな読み

みまくほり|こひつつまちし|あきはぎは|はなのみさきて|ならずかもあらむ

カタカナ読み

ミマクホリ|コヒツツマチシ|アキハギハ|ハナノミサキテ|ナラズカモアラム

ローマ字読み|大文字

MIMAKUHORI|KOHITSUTSUMACHISHI|AKIHAGIHA|HANANOMISAKITE|NARAZUKAMOARAMU

ローマ字読み|小文字

mimakuhori|kohitsutsumachishi|akihagiha|hananomisakite|narazukamoaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

みまくほり[寛],
こひつつまちし[寛],
あきはぎは,[寛]あきはきは,
はなのみさきて[寛],
ならずかもあらむ,[寛]ならすかもあらむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました